決済代行で利便性を向上させる

新規に店舗をオープンさせた場合などには様々な手続きが必要になります。その中の一つにクレジットカード決済を導入することがあります。顧客の利便性向上に関してクレジットカード決済の導入は欠かせません。しかし自社で複数のカード会社と契約するには審査が必要ですし、各カード会社ごとの決済システムの導入などの手間もかかってしまいます。そのような負担をかけたくない場合には決済代行サービスを利用することをお薦めします。決済代行会社と契約すれば複数のカード会社と契約する必要がありませんので、手間を省くことが出来ます。
クレジットカード決済の導入の他にもコンビに決済や携帯キャリア決済など様々な決済方法を一括して導入できます。それらと個別に契約して導入すれば手間もかかりますし、入金日もそれぞれ異なりますので事務負担が増えてしまいます。その点に関しましても一括導入をすることによって手間が省けますし、入金日をまとめることも可能です。またすべての決済方法による売上情報をまとめて管理できますので、事務負担を軽減することが出来ます。
費用面ではクレジットカード会社などへの手数料の他にも、決済代行会社への手数料が必要となりますが、利便性を考慮すればサービスの利用を検討しても良いと思います。

決済代行とは何か

決済代行サービスは、クレジットカード決済、コンビニ決済、携帯キャリア決済といった多種多様な決済を一括の契約とシステムで導入できるサービスの事ですが、ネットショップ開設者にとって、購入者の利便性に寄与する取引方法として、利用のメリットが見直しされております。
主なメリットとしては、ネットショップ立ち上げ時には決済期間との契約の省力化や1システム導入で、多数決済システムの完備が挙げられます。
ネットショップ運営時にも入金照合、売上管理などの事務の省力化があり、売上がまとめて入金させれる為、経理処理が楽になるといった事業運営にとっては、かなり有効なシステムです。
決済システムには、仕様変更やアップデート等がある場合、自社で開発したシステムには対応する手間がかかりますが、決済代行サービスを利用することで、ネットショップ側でシステムの対応を行う必要性が無くなります。
主な決済代行サービスの種類としては、リンクタイプ(ASP)とモジュール組込タイプの二種類があります。
急いで決済を導入したい場合や低コストで行いたい場合にはリンクタイプがおすすめで、どちらかというと初級から中級者レベルで、モジュール組込タイプは決済の画面をデザインしたい人等、中級車から上級者レベルとなっておりますが、個人商店等には前者のリンクタイプがおすすめです。

おすすめサイト

決済代行とはネットショップなどを立ち上げるときの各種決済機関(クレジットカード各社、コンビニ各社、携帯電話各社など)の契約を個別ではなく、代行会社に代理申請を依頼することです。